×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

禁煙マークの活用

2003年5月1日から健康増進法が施行されて、様々な公共施設や飲食店、色々な場所で禁煙マークを見かけるようになりました。禁煙マークを提示することによって、喫煙場所を明確にする事ができ、これまでは意識していなかった喫煙者の意識も高まりつつあります。禁煙をしたい人は禁煙マークを活用してみて、禁煙のためのアイテムの一つとしてみたら良いでしょう。現在には、禁煙マークのデザインには、多種多様なものがたくさんあります。またインターネットなどから、無料でダウンロードできたり、100円ショップや雑貨屋などで値段の安いものあるので、自分に合ったものを探して禁煙を心がけてみるのも良いでしょう。

禁煙マークの絵の意味

健康増進法が施行されてから、よく見るようになった禁煙マークの絵には、様々な意味が込められています。例えば、タバコの先が赤くなっているのは、その先の温度が数百度の高温になっていることを意味しています。タバコの煙の絵が薄く描かれているのは、匂いやタール、ニコチンが少ないタバコであったとしても、煙の量にかかわらずタバコは危険だという意味のメッセージが込められています。他にも、禁煙マークの絵のフィルターに穴が開いてあるのは、ニコチンやタール数の軽いタバコの実情を示していたりします。また、子供たちの健康を守るために、子供たちの周りの喫煙の害から子供たちを守る意味での、新しい禁煙ロゴマークというものも考えられています。

禁煙マークと禁煙の関係

健康増進法が施行されてから禁煙マークが多くなり、禁煙場所や禁煙時間なども増えてきていて、自宅以外の場所では喫煙できる場所が少なくなってきています。そのため、多くの喫煙者も禁煙や健康への意識が高くなり、禁煙する人が増えてきています。だから禁煙しようとしている人に、おすすめの禁煙グッズなどを紹介します。一つ目は禁煙パイポです。昔からある禁煙グッズの定番で、最近では様々な味があり、ニコチン依存症から脱出する手助けとして使用されています。二つ目は、禁煙飴・嫌煙飴です。この飴には、松葉エキスや松脂末が配合されていて、この松葉や松脂にはタバコをまずくする成分が含まれているので、禁煙中にタバコを吸いたくなったら、禁煙飴・嫌煙飴を使用します。味には、コーヒー味やミント味などの様々な味があります。

Copyright © 2008 禁煙マークをよく見かけます